Returnil Virtual System

Returnil Virtual System Home Free 2010

複製システムを利用した仮想環境ソフト ソフトのテストやファイルの安全確認に便利

Returnil Virtual Systemは、Windowsのシステム環境を複製して、仮想的に別のシステムとして稼働させるユーティリティです。複製システムが不安定な状態になっても、Windowsを再起動させると問題が起こる前の状態に戻せることが特徴です。新しいソフトウェアのテストを行ったり、安全性の疑わしいファイルを扱う時など、システムに影響が及ぶ恐れがある場合に役に立ちます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 稼働中のシステムを複製して、仮想的に別のシステムを動作させる
  • 複製システムに追加されたソフトや設定変更は、再起動させることで全て変更前の状態に戻る
  • 複製システム内でのみ稼働するウイルス対策機能を備えている
  • 再起動によって消えると困るファイルは、「仮想ディスク」に保存することで内容を維持できる

反対票

  • セキュリティ修正をインストールする際は、複製システムを一旦停止させ、本来のシステムを稼働させて作業する必要がある

とても良い
8

Returnil Virtual Systemは、Windowsのシステム環境を複製して、仮想的に別のシステムとして稼働させるユーティリティです。複製システムが不安定な状態になっても、Windowsを再起動させると問題が起こる前の状態に戻せることが特徴です。新しいソフトウェアのテストを行ったり、安全性の疑わしいファイルを扱う時など、システムに影響が及ぶ恐れがある場合に役に立ちます。

********************************************************************** Returnil 公式サイトはこちら>>> **********************************************************************

Returnil Virtual Systemを起動すると、複製システムの稼働が始まり、デスクトップの右上に動作状況が表示されます。「Virtual Box」などの仮想マシン環境と異なり、PC本体のハードウェアがそのまま利用できますので、例えば3Dグラフィックを使ったゲームをテストする場合に便利です。インストールされたソフトや変更された設定を元に戻すには、複製システム内のWindowsを再起動するだけで完了します。複製ではなく本来のシステムを利用するには、デスクトップ右上のボタンをクリックして複製システムを停止させましょう。

ユニークな点としては、複製システム内でのみ稼働するウイルス対策機能があります。この機能を用いると複製システムという「隔離」された環境下でウイルス検出・駆除が行われます。例えば、ウイルス感染が疑われるファイルのチェックに用いる場合、複製システムがウイルスに感染しても、再起動をすれば感染前の状態に戻ります。

また、複製システムで作成されたファイルを保存可能な「仮想ディスク」が用意されている点も便利です。複製システムを再起動すると通常ならばファイルは消えますが、仮想ディスクに保存したファイルは維持されます。テスト結果のログファイルなど、消えては困るファイルを保存する際に役立つでしょう。

注意したいのは、複製システムの稼働中にセキュリティ修正プログラムをインストールしても、再起動するとインストール前の状態に戻ってしまう点です。セキュリティ修正プログラムをインストールするには、複製システムの稼働を一旦停止し本来のシステムを稼働させてから行いましょう。

Returnil Virtual Systemはソフトウェアをテストしたり安全性の疑わしいファイルを扱う際に便利なユーティリティです。

Returnil Virtual System

ダウンロード

Returnil Virtual System Home Free 2010